年収で変わるカードローンの借入限度額

カードローンの借入限度額に一番影響するのは年収です。
年収によって返済能力は変わってくるため、当然ながら多くの年収がある方ほど借入限度額も大きくなります。
消費者金融は総量規制の対象となるため、借入上限の計算がしやすいです。
年収の3分の1以内となるので、その範囲内になるように調整しましょう。
カードローンの借入限度額は自分で決めることはできません。
最終的に貸し手となる金融機関の裁量で決定されます。
消費者金融の場合なら、最初は年収の1割、または30万円くらいからスタートすることが多いです。
銀行は総量規制の対象外ですが、だからと言って高額融資を受けられるとは限りません。
高額を借りるためには、何よりも信用力が必要なのです。
信用力を上げるためには延滞なく返済し続けるのが一番なので、過去にカードローンの利用経験があって実績が好ましければ融資も高額になる傾向があります。
過去の利用状況は、個人信用情報機関にすべて残されています。
そのため審査で嘘をついても、バレて信用を落とすことになるのです。
カードローンの借入の安全ラインは金融機関によって異なりますが、確実に安全圏とされるのは年収の1割と言われています。
年収300万円ならば、30万円くらいなら安全に借入できるわけです。
初めてローンを利用する方は、自身の年収に関係なく少ない金額で申し込みするべきでしょう。
カードローンで数百万円が必要になる状況はまずありません。
10万円の利用枠で事足りるという方も多く、こうした方は審査に落ちにくいのです。

関連記事